かゆみはさまざまな事が原因で起こります。皮膚のかゆみを伴うものとして有名なのはウルシなどの植物、腕時計やネックレスなどの金属類、化粧品や洗剤などの化学物質、毒虫があります。これらのかゆみは接触性皮膚炎とも呼び、自分の身の周りにあるほとんどのものが原因となることがあるのです。

接触性皮膚炎はかぶれとも言われ比較的身近に起こります。ウルシなどの植物や毛虫に触れた場合、その触れた部分にものすごいかゆみが生じます。金属類もまた皮膚に触れている部分にかゆみが生じ、ネックレスをしていて、ネックレスに反応した場合はその形の通り赤くなります。一時的なものであるので、アレルギーの検査は行いません。

ですが、同じ植物でも銀杏の場合、銀杏の種に反応しているのか種を覆っているものに反応しているのかわからないことがあります。そして化粧品や洗剤も化学物質の他に、小麦粉など食べ物由来のものが含まれていることがあるので、アレルギー検査をすることがあります。近年においても洗顔せっけんでアレルギーの症状が出てしまったケースがありました。この場合はその物質にアレルギーを持っていなくても使い続けることでアレルゲンとなってしまい、症状が出てしまったのです。

このほか、口の中に入れたり食べたりしたことで起こるのはえびやカニに代表される魚介類、玉子や小麦粉といった食品があります。食べ物の場合は、重症化しやすく皮膚炎として表れる以外にも呼吸困難になったり、顔面が蒼白したりと命に危険が及ぶことがあります。食品の表示を良く見てみると、魚介類など使用されていないか、記載されていますので、食べ物にアレルギーがある場合は、良く確かめて購入し様子を見ながら少しずつ食べることが大切になってきます。

アトピー性皮膚炎もまた、ダニやほこりのアレルギーが原因で皮膚炎を起こします。アトピー性皮膚炎はダニやほこりのアレルギーの他に、遺伝的な要素もあり家族にアレルギー体質の方がいる場合は、自分もまたその可能性があります。ただ、それが皮膚炎として出るか鼻炎として出るかはわかりません。

慢性的なものになるので、何がアレルゲンなのか調べるのが大切で、ダニなどのハウスダストが影響している場合は、掃除の仕方など見直す必要があります。アレルギーの原因となる物質に触れない、体にとり入れないということが大事ですので、血液検査やパッチテストでしっかりと確認をしておくと良いです。